薬剤部

部門のご案内

薬剤部では、全ての患者さんが安心して、効果的にお薬を使用していただけるよう、お薬にかかわる様々な部門で業務を展開しています。
内容は、お薬の調剤、患者さんへのお薬の説明、医薬品情報の収集・評価と提供、医薬品管理、院内製剤、注射薬混合調製等多岐に渡っています。それぞれの業務は、患者さんを中心として医師や看護師など他の医療スタッフと連携しており、患者さんに信頼される質の高い安全で安心な医療を提供することを目指しています。
また、医療人の育成においては、大学と連携して11週間にわたる薬学部実務実習生を年に3回受入れており、医療の高度化に対応した薬剤師の育成にも力を注いでいます。

特色・方針

薬剤部では薬剤師を診療科毎の担当制にしており、入院中の患者さんへの服薬指導をはじめ適正なお薬の処方設計に積極的に関わっています。
また、様々な診療科や病棟で臨床経験を積んだ薬剤師は、がん治療、栄養サポート、感染制御やHIV感染症などの専門的な領域のチーム医療における一員として診療に関わり、患者さんに使用される医薬品の適正使用の推進や副作用を予防・軽減するための処方を提案することで患者さん中心の医療に貢献しています。また、使用された医薬品の血液中の濃度を測定・解析することで、その後の医師の処方設計なども支援しています。
薬剤部には主に以下の専門・認定薬剤師が在籍しています。
医療薬学会指導薬剤師 3名
医療薬学会認定薬剤師 7名
がん薬物療法認定薬剤師 1名
外来がん治療認定薬剤師 1名
緩和薬物療法認定薬剤師 4名
抗菌化学療法認定薬剤師 2名
感染制御認定薬剤師 2名
HIV感染症専門薬剤師 1名
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 2名
NST(栄養サポートチーム)専門療法士 4名
日本糖尿病療養指導士 1名
小児薬物療法認定薬剤師 3名
病院薬学認定薬剤師 15名
(2019年5月現在)

ご挨拶

ようこそ、慶應義塾大学病院薬剤部ホームページへ。
私たち薬剤部は、チーム医療の一員として薬物療法の質と安全を担保します。院内各署に適時適切に、しかも安全に医薬品を供給すること、そして患者さんに安心して医薬品を使っていただき、その後のフォローをすることが私たちの仕事です。入院患者さんのベッドサイドでお薬の説明をし、期待した効果が得られたか、副作用が現れていないかをモニタリングします。その結果から次の薬物療法を患者さんや他のスタッフたちと一緒に考えます。また薬剤部内で行う業務を大切にしながら、可能な限り効率化するために、調剤機器・情報機器の導入を積極的に進めています。
私たちが大切にしているもうひとつの事は人財育成です。若手薬剤師は薬剤部内の担当部署・担当病棟をローテーションして、幅広い知識を身につけます。また慶應義塾大学薬学部との強力な連携のもと研究活動も行います。このようにして、臨床の知識と科学の視点を併せ持った薬剤師が育っています。
お薬のことで聞きたいことのある方、病院薬剤師の仕事をもっと知りたい方は、ぜひ慶應義塾大学病院薬剤部を訪ねてください。

主な実績

薬剤部では外来・入院併せて1日に約2,000枚の処方せんに対応しています。注射薬では、一般病棟の500mL以上の輸液を混合調製しています。また、小児病棟では全ての注射薬の混合調製を実施しており、当院の特色の一つと言えます。注射薬の抗がん剤は、休祭日も含めて全て薬剤部で混合調製しており、外来・入院併せて平均100~120件の調製を行っています。また、リウマチ疾患やその他の自己免疫疾患に使用する抗体製剤の調製から患者指導まで広くかかわっていることは当院薬剤部の特徴です。薬剤管理指導業務は、診療科別担当制で行っており、全ての診療科の入院患者さんに対して服薬指導の実施や医薬品の適正使用に関する情報提供を行っています。

名称 件数 備考
処方せん枚数 外来:395,475枚、入院:236,335枚 2018年度
入院注射薬調製件数 抗がん剤:12,436件、一般注射薬:69,948件 2018年度
外来注射薬調製件数 抗がん剤:13,892件、抗体製剤:10,182件、一般注射薬:11,039件 2018年度
薬剤管理指導件数 27,442件 2018年度

募集採用について

慶應義塾大学病院 薬剤部で広い臨床知識と広範な技能を身につけよう!

<当院薬剤部の特色>
各薬剤業務のスキルアップができます。
・特殊な薬剤・多診療科を対象とした調剤や、抗がん剤の混合調製、院内製剤、医薬品情報など広範な領域の薬剤師の技能習得ができます。
・移植、抗がん剤治療および自己免疫疾患などの高度で広い疾患領域の服薬指導経験を積むことができます。
・感染、緩和などチーム医療に参加出来ます(病棟ラウンド、カンファレンスなど)。
・各種資格要件の実績を積むチャンスがあります(がん専門薬剤師研修施設、薬物療法認定薬剤師研修施設、日本医療薬学会認定薬剤師研修施設)。
・各種認定に必要な論文や学会発表の共同著者(演者)になることもできます。

<嘱託職員の先輩は関連病院をはじめ、他施設へも就職しています>
就職例)順天堂大学医学部付属病院、千葉大学医学部付属病院、東京女子医科大学病院、日本大学医学部付属板橋病院、駿河台日本大学病院、東邦大学医療センター大森病院、日野市立病院、国立成育医療研究センターなど

職員採用ページ(http://www.hrm.keio.ac.jp/

薬剤部組織図

薬剤部の主な業務

 調剤業務
医師が診察した際に、お薬による治療が必要な場合には処方せんが発行されます。薬剤部では発行された処方せんに基づき、適正使用を確認して患者さんにお薬を準備しています。
 製剤業務
主に市販されていない特殊なお薬を患者さんや医療現場からの要望により調製・提供しています。
 病棟業務
入院患者さんへのお薬の説明をとおして、そのお薬がしっかり飲めているか、副作用が出ていないかを確認しています。また、医師や看護師をはじめとする他職種へお薬の情報を発信することで、患者さんを中心としたチーム医療を行っています。
 医薬品情報業務
医薬品に関する様々な情報を収集・評価し、患者さんや医療スタッフに対して情報を発信しています。
 医薬品管理業務
病院で使用される医薬品の購入、適切な在庫・品質管理を行い、いつでも患者さんへ安心で安全なお薬を供給できる体制を整えています。
 注射薬混合調製業務
注射薬による治療を受ける全ての患者さんの注射薬を取り揃え、適正使用を確認したうえで、清潔な環境で注射薬を混ぜ合わせ、病棟に払い出しています。
・その他
中央手術部サテライトファーマシーおける医薬品管理業務、治験管理業務、放射性医薬品検定業務、各種専門医療チームへの参加

薬剤部が取り組む安全対策

医療事故の3割は薬剤に起因すると言われています。薬剤部では医師をはじめとして各職種と連携し、院内の安全対策に積極的に取り組んでいます。特にバーコードを用いた安全対策については、新しいシステムを構築して、そこで得られた最新の知見は研究成果として論文報告し、他施設へも発信を行っています。

研究・研修について

薬剤部では日常業務だけではなく研究や部内研修なども行っています。これらの活動は、薬剤部員の資質向上や専門・認定などの資格を取得する上で重要な役割を果たしています。
【臨床研究】
調剤や院内製剤など日常業務に関連するものから、診療科や関係職種と協働して行うものまで多岐の領域に渡っています。職員嘱託を問わずやる気のある薬剤師は誰でも参加できます。
●感染制御チーム
・抗菌薬使用と副作用の関係性に関する調査
●緩和ケアチーム
・がん性疼痛マネジメントに対する鎮痛薬の使用調査
●院内製剤
・院内製剤の安定性と有効性の調査
●安全対策
・医療用医薬品のバーコード表示の有用性に関する調査
など
【部門内研修】
① 臨床研究セミナー(月1回)
薬剤部内の臨床研究は定期的に部内発表会を行い、そこで議論を深めています。初心者でも研究に参加出来るよう、研究支援グループが活動をサポートしていきます。
② 論文抄読会(週1回)
各専門領域や病棟担当者、若手や管理職まで、その時々のトピックスや、最新の薬物治療を把握する上で重要な論文などをテーマに論文抄読会を開催しています。論文の読み方講習会の開催など、論文に慣れていない若手に対するサポートもあります。

新人薬剤師のステップアップ

業務以外でのスキルアップ

研究サポート

先輩の声

飯塚 直人(2019年入職 北里大学大学院薬学研究科)
私は、臨床・研究・教育の全てに携わることができると考え、入職を希望しました。現在は、注射・製剤、調剤、医薬品情報の各部署をローテーションしており、薬剤師としての基礎的な技能や知識の習得を目指しています。6月頃からは、メンターの先輩の指導の下、病棟業務も始まりました。自身の未熟さを感じることもありますが、多くの頼れる先輩に相談しながら、日々奮闘しています。風通しの良い職場で、指導体制も充実しており、入職して良かったと感じています。今後は、中央業務のスキルを磨くと共に、病棟業務を通じて、症例報告や研究にも取り組んでいきたいです。そして、興味のある領域の認定・専門薬剤師となり、患者さんの薬物治療に貢献できる薬剤師になることが現在の目標です。

五十嵐美帆(2019年入職 慶應義塾大学薬学部卒)
入職して半年の現在は主に注射・製剤部門、調剤部門、医薬品情報・治験部門をローテーションしながら薬剤部における中央業務の習得を目指しています。また、並行して病棟での薬剤管理指導業務も行っています。多くの診療科・部門をもつ大学病院だからこそ、様々な薬剤に触れる機会が多く、日々多くのことを吸収し学びながら働いています。経験豊富な先輩方からご指導・アドバイスをいただく機会も多く、自身の成長に繋げられています。今後は自分の興味のある分野での認定・専門薬剤師を目指しながら、様々な経験を積んでいきたいと考えています。

神成はるか(2018年入職 慶應義塾大学薬学部卒)
当院薬剤部の魅力の1つは、幅広い業務・様々な処方に触れることができる点です。
1年目のローテーション期間を終えて現在は調剤室配属ですが、調剤業務だけでなく、病棟・注射薬混合調製・入院前持参薬面談・外国語対応推進など多岐に渡る業務を担当しています。総合病院であり、かつ外来・入院いずれも院内調剤を行っているため、各業務で扱う薬の種類は膨大です。覚えることが多く最初は大変ですが、各分野に精通した多数の頼れる先輩が成長をサポートしてくれます。

業績 

原著論文(欧文)

Tanaka E., Hara N., Wajima T., Ochiai S., Seyama S., Shirai A., Shibata M., Shiro H., Natsume Y., Noguchi N.: Emergence of Haemophilus influenzae with low susceptibility to quinolones and persistence in tosufloxacin treatment. J Glob Antimicrob Resist. in press. 2019.

Hara N., Wajima T., Seyama S., Tanaka E., Shirai A., Shibata M., Natsume Y., Shiro H., Noguchi N.: Isolation of multidrug-resistant Haemophilus influenzae harbouring multiple exogenous genes from a patient diagnosed with acute sinusitis., J Infect Chemother. 25 (5): 385-387. 2019.

Seyama, S., Nishioka, H., Nakaminami, H., Nakase, K., Wajima, T., Hagi, A., Noguchi, N.: Evaluation of in vitro bactericidal activity of 1.5% olanexidine gluconate, a novel biguanide antiseptic agent.,
Biol. Pharm. Bull. 42 (3): 512-515. 2018.

原著論文(和文)
清宮啓介:メトトレキサートの排泄と有害事象に及ぼすプロトンポンプ阻害薬併用の影響.医療薬学(2019)
津田 壮一郎: 実務実習における代表的な8疾患の網羅性と継続性の向上を目指した薬局-病院実習連携ツールの開発. 医療薬学(2019)

国際学会報告
Harumi Kondo, Hiroomi Sakurai : Patient care, education and clinical research in autoimmune disease., Bandung, Faculty of Medicine University of Padjadjaran/ Hasan Sadikin General, 2018.

Hiroomi Sakurai : Best practice in handling of DMARDs and biologic agent., Jakarta, Keio-Perhimpunan Reumatologi Indonesia Course on Rheumatology, 2018.

Kenji Kawasumi, Shinya Suzuki, Hiroomi Sakurai, Michiko Hamamoto, Hiroyoshi Kato: Advance of Oncology Pharmacist and Adherence Rate of Standard Chemotherapy from the Nationwide Survey for Cancer Designated Hospitals in Japan. Shanghai, The International Society of Oncology Pharmacy Practitioners (ISOPP)2018.

国内学会報告
島村奈緒美,佐藤奈緒美,磯上一成,櫻井洋臣,津田壮一郎, 別府紀子,村松博,青森達: 注射薬個人別取り揃え・払出業務へのSPD導入による薬剤師業務拡大の効果, 第29回医療薬学会年会2019月11月(ポスター発表)

玉川知鮎, 市川双葉, 村松博, 青森達: 未承認等新規医薬品、禁忌・適応外使用に関する管理システムの構築 第29回医療薬学会年会2019月11月(ポスター発表)

清宮啓介,池淵由香,津田壮一郎,別府紀子,青森達: 薬学実務実習における代表的8疾患の経験数が概略評価に与える影響 第29回医療薬学会年会2019月11月(ポスター発表)

磯上一成, 大貫亮, 清水千華子, 渋沢崇行, 佐々木淳一: 慶應オリジナルの安否確認システムの構築について. 第24回日本災害医学会総会・学術集会. 米子, 2019年3月.

木村元範, 中田英夫, 我妻秀和, 遠藤久美子, 石川春樹, 磯上一成, 村松博: トレーサビリティ機能付き冷蔵庫キュービックスの有用性の検討. 日本薬学会第139年会, 千葉, 2019年3月.

櫻井洋臣, 池内由里, 井上雄大, 八木真紀恵, 村岡ありさ, 八木澤茉優, 小林文香, 石原千津子, 望月眞弓, 大西啓: 口腔粘膜への投与を目的とした粘膜付着性粒子製剤の調製および評価. 日本薬学会第139年会, 千葉, 2019年3月.

池谷修, 上蓑義典, 高野八百子, 石川春樹, 宇野俊介, 新庄正宜, 荒美幸, 長谷川直樹: 経口抗菌薬に対する届出制導入とその効果に関する検討. 第34回日本環境感染学会総会・学術集会, 神戸, 2019年2月.

小谷宙, 加藤真吾, 親泊あいみ, 須藤弘二, 丸山理恵, 西松直美, 宇野俊介, 藤原宏, 長谷川直樹: 準完全長プロウイルスによる治療効果の新しい評価. 第32回日本エイズ学会学術集会, 大阪, 2018年12月.

池谷修, 上蓑義典, 高野八百子, 石川春樹, 宇野俊介, 新庄正宜, 荒美幸, 長谷川直樹: 抗菌薬適正使用支援チーム(AST)とその活動内容に関する検討. 第28回日本医療薬学会年会, 神戸, 2018年11月.

福田正悟, 中田英夫, 石川春樹, 池谷修, 木村元範, 宇賀村文, 村松博, 望月眞弓: ミコナゾールゲル併用下においてボリコナゾールの血中濃度が上昇した1例. 第28回日本医療薬学会年会, 神戸, 2018年11月.
金子健 使いこなしたいプラセボ効果!気をつけたいノセボ効果!第31回 日本サイコオンコロジー学会総会, 2018年9月

中田英夫, 石川春樹, 木村元範, 我妻秀和, 村松博, 望月眞弓: 製薬会社によるデジタル化された医薬品情報の提供・利活用に関する調査. 第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 鈴鹿, 2018年6月.

青森達, 池谷修, 中田英夫, 山口雅也, 望月眞弓: 未承認新規医薬品、禁忌・適応外使用に関する院内サーベイランス体制の構築(2). 第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 鈴鹿, 2018年6月.

池谷修, 米屋安佳里, 松元一明, 榎木裕紀, 藤原宏, 上蓑義典, 宇野俊介, 長谷川直樹: 肺非結核性抗酸菌症に対するクラリスロマイシン、エサンブトール、リファンピシン3剤併用療法におけるPK/PD解析. 第66回化学療法学会総会, 岡山, 2018年5月.

津田壮一郎, 池淵由香, 清宮啓介, 青森達, 別府紀子, 山口雅也, 望月眞弓: 慶應義塾大学病院における実務実習での代表的8疾患に関する取り組み(第2報). 日本薬学会第138年会, 金沢, 2018年3月.

三浦あす美, 櫻井洋臣, 笠井雄佑, 野々宮菜彌, 津田壮一郎, 別府紀子, 山口雅也, 望月眞弓: 抗悪性腫瘍薬による環境曝露の定期的評価および追加対策の必要性に関する検討. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018(第7回), 横浜, 2018年3月.

櫻井洋臣, 鈴木真也, 川澄賢司, 渡辺朋子, 石井敏浩, 加藤裕芳, 望月眞弓: がん薬物療法における薬剤師の臨床介入に関するアンケート調査. 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018(第7回), 横浜, 2018年3月.

池谷修, 上蓑義典, 高野八百子, 石川春樹, 宇野俊介, 藤原宏, 新庄正宜, 猪瀬里夏, 長谷川直樹: 抗菌薬適正使用支援チーム(AST)の発足に関する検討. 第33回日本環境感染学会総会・学術集会, 東京, 2018年2月.

池谷修, 高野八百子, 新庄正宜, 藤原宏, 上蓑義典, 宇野俊介, 猪瀬里夏, 長谷川直樹: 医療機関におけるインフルエンザアウトブレイクと抗インフルエンザ薬の予防投薬. 第33回日本環境感染学会総会・学術集会, 東京, 2018年2月.