オンライン診療(電話診察を含む)に関するご理解のお願い

2020年11月26日

当院では新型コロナウイルス感染拡大を防止する観点から、オンライン診療(電話診察を含む)による診療・処方箋発行を行っております。

これは、厚生労働省「オンライン診療の適切な実施に関する指針(以下、同指針)」1)や、厚生労働省通達 2)などを遵守して実施しているものです。

オンライン診療は対面診療(病院に来院して診療を受けていただくこと)と組み合わせて実施することが原則となっています。上記の指針では、医師には「オンライン診療で十分な情報を得られているか、その情報で適切な診断ができるか等を慎重に判断し、オンライン診療による診療が適切でない場合には、速やかにオンライン診療を中断し、対面による診療に切り替えること」が求められております。

オンライン診療のみで⾧期間にわたって診療を続けることは、治療効果や安全性の評価が難しいため、当院では、最低6ヶ月に1回程度は対面診療を行うことを原則としています。
ただし、患者さんのご病状などを踏まえて期間は前後する場合があります。

オンライン診療を利用される患者様におかれましては、上記をご理解いただき、担当医の指示に従って対面診察を受けていただくようお願い申し上げます。オンライン診療が継続・再開できるのは、対面診察において、オンライン診療が安全かつ適切に行えると判断された場合に限ることをご理解ください。

何らかのご事情で、当院への来院が難しい場合には、他の医療機関をご受診ください。受診先がお決まりであれば、診療情報提供書を当該医療機関に送付することが可能です。具体的な医療機関につきましては、当院に来談いただければ、医療連携推進部などでご相談いただくことが可能です。

1) 厚生労働省「オンライン診療の適切な実施に関する指針」(平成 30 年 3 月策定、令和元年 7 月改訂)
2) 厚生労働省医政局事務連絡「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」(令和 2 年 4 月 10 日)