緊急事態宣言下も、当院は特定機能病院の機能を維持して診療を行ってまいります。

2021年01月08日

政府から緊急事態宣言が発出されましたが、当院は、以下の感染対策を講じた上で、特定機能病院としての機能(臓器移植・高難度手術など)を維持してまいります。院内の各部門・全教職員が全力で感染対策を行い、必要な医療を安心して患者の皆様に受けて頂けるように努めてまいります。来院される皆様にも普段の生活での感染対策を実践して頂くことが非常に重要と考えております。ぜひ、以下をお読みのうえご協力頂けますようお願いいたします。
※なお、今後の国内における状況の変化により、対応内容を変更する場合があります。

病院が行っている感染対策

1)来院されるすべての皆様
●病院へ入館する際の体温チェック・マスク着用のお願い
・正面玄関入口、3号館入口にて検温器で体温チェックを行っております。
※37.5℃以上の発熱がある等、体調の変化がある場合は入館をお断りすることがあります。
・マスクの着用が必須です。医師や看護師がはずしてくださいとお願いするまで着用してください。
※マスクは「レストラン百花百兆」前、3号館南棟1階入口の「自動販売機コーナー」で販売しています。

2)外来患者さん・ご家族・付き添いの方
●来院前に以下に該当する方
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が疑われる、またはご心配の方
・当院は感染症指定医療機関ではありません。
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が疑われる場合は、受診・相談センターにご相談ください。詳しくは、以下のWebサイトにて居住地の窓口をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

●受診された患者さんで、以下に該当する方は総合案内、最寄りの受付等にお申し出下さい
・発熱や咳などの症状がある場合
・海外から帰国して2週間以内である場合

●外来の密を避ける対策
・曜日・時間帯の変更による混雑状況の分散・平均化するための、外来診察枠の組み換えを行っています。
・採血の集中による密を避けるため、「午後の採血」や「診察日より事前の採血」、予約診察に合わせた「診察時間の90分前採血」を推奨しています。
・電話による診療(再診のみ)と院外処方箋の発行
・LINEによる呼出システム

3)入院患者さん・ご面会の方
●入院前のPCR検査実施
・入院予定の患者さん:全患者さんに入院日前までに検査を実施します。

●「面会禁止」としております
・面会の禁止(病棟、ラウンジ、飲食スペース含め、院内全ての場所)
・ご家族のご来院は、入退院時や病状説明時、手術当日など、医師または看護師等からご来院をお願いした場合のみ面会を可能とさせていただきます。
・2020年12月1日より、荷物の受け渡し方法を変更しています。貴重品や常温保存以外のもの、傷みやすいものはお預かりできません。詳細は以下のページをご参照ください。
http://www.hosp.keio.ac.jp/annai/nyuin/omimai.html

患者さんに行っていただきたい感染対策

1)日常生活
・常にマスクをつけましょう
・手洗いをしましょう!
・三密の場面を避けましょう

2)入院前2週間
・密集しやすい場所、大勢と接触する場所、大人数での飲食は避け、出来るだけ自宅で過ごす。
・マスクなしに近距離での会話は感染のリスクが高まるため、同居家族以外と食事をすることを避ける。
・外出から帰宅時、大勢の人と共有するものに触れた後、食事前、トイレ後は手洗いを行う。

3)入院生活
・常時マスクの着用、病室外は必ず、病室内でも可能な限りマスクを着用する(個室を除く)。
・病室から出る時、戻った時、ドアノブに触れた後、食事の前、排泄後の手指衛生。
・大部屋ではカーテンを開けての会話や、マスクなしの会話はしない。
・院内が混み合う午前8時~午後5時の間は病棟から出ない。

その他のお知らせ

その他、新型コロナウイルスに関する当院からのお知らせにつきましては以下のページをご参照ください。

新型コロナウイルスに関するお知らせ(お知らせまとめ)
http://www.hosp.keio.ac.jp/oshirase/important/detail/40517/