患者申出療養

患者申出療養とは?

未承認薬などを保険外併用療養として使用したいという困難な病気と向き合う患者さんの思いに応えるため、患者さんの申出を起点とする新たな仕組みとして2016年4月に創設された制度です。
保険診療では認められていない先進的な医療を患者さん自ら申し出て、受けることができます。慶應義塾大学病院は、臨床研究中核病院にのみ認められている申し出るための意見書や実施計画の作成を行うことができます。

患者申出療養の申出の対象となる医療技術

  1. 未承認等の医薬品、医療機器若しくは再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)の使用又は医薬品等の適応外使用を伴わない医療技術
  2. 未承認等の医薬品等の使用又は医薬品等の適応外使用を伴う医療技術

現在、慶應義塾大学病院で取り扱っている患者申出療養は以下の通りです。

患者申出療養名称 適応症 実施診療科 承認年月日
リツキシマブ静脈内投与療法 難治性天疱瘡 皮膚科 2017年5月2日
トラスツズマブ エムタンシン静脈内投与療法 乳房外パジェット病(HER2が陽性であって、切除が困難な進行性のものであり、かつ、トラスツズマブ静脈内投与が行われたものに限る) 皮膚科 2020年6月19日

関連情報

厚生労働省 患者申出療養別ウインドウで開きます。

詳しくは厚生労働省webサイトをご覧ください。